生理前のニキビ予防対策ガイド

記事一覧


女性の体内では常に女性ホルモンが分泌されています。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言うものがあり、それぞれ月経周期と密接な関係があります。生理開始から排卵日までに分泌が活発になるのは卵胞ホルモンで、このホルモンはバストアップ効…

記事を読む


生理前になると、ニキビが出来てしまうという人は少なくありません。排卵日から生理までの期間は、女性ホルモンの中でも黄体ホルモンの分泌が活発になる時期で、この黄体ホルモンは体内に入ると男性ホルモンととても良く似た働きをするために、ニキビができ…

記事を読む


生理前のニキビを予防するためには、ニキビが出来てからでは遅いので、普段からいろいろな対策が必要です。まず、普段のスキンケアは、ニキビが出来ないようにバリア機能を高める保湿ケアを重視すると良いでしょう。保湿成分にはヒアルロン酸やセラミドなど…

記事を読む


普段はそれほどニキビが出来ない人でも、生理前になるとニキビができやすくなってしまうという人はたくさんいます。ニキビが出来ると、気になりますし、気分も憂鬱になってしまうものです。生理前のニキビ対策には、普段使っているスキンケアを見直したり、…

記事を読む


生理前のニキビを防ぐためには、毎日の睡眠時間をしっかり確保することが必要です。眠っている間には新陳代謝が活発に行われて、その中には肌のターンオーバーも行われています。ニキビやシミのようにダメージを受けた細胞が修復されたり、新しい細胞が肌の…

記事を読む


生理前になるとニキビがひどくなってしまう人は少なくありません。これは、女性のホルモンバランスと大きく関係していて、黄体ホルモンが原因となっています。女性の体内では女性ホルモンが分泌されていますが、月経から排卵日までの間には、卵胞ホルモンが…

記事を読む


きらりのおめぐ実 大人ニキビ対策ガイドジッテプラス(jitte+)にきび対策ガイドピュアルピエ 二の腕にきび対策ガイドファーストクラッシュにきび洗顔予防ガイドベルブランにきび跡対策ガイドメルラインにきび対策ガイドリプロスキンにきび痕改善ガイドルナメ…

記事を読む

生理前のニキビの原因

女性の体内では常に女性ホルモンが分泌されています。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言うものがあり、それぞれ月経周期と密接な関係があります。生理開始から排卵日までに分泌が活発になるのは卵胞ホルモンで、このホルモンはバストアップ効果があったり美肌効果があったりして、女性にとってはたっぷり分泌して欲しいホルモンです。一方、排卵日から生理までの期間には、卵胞ホルモンの分泌が低下して黄体ホルモンの分泌が活発になります。黄体ホルモンは、子宮や卵巣など女性の生殖器の働きと大きな関係があるホルモンなのですが、体内では男性ホルモンととても良く似た働きをするため、皮脂分泌が活発になってニキビができやすくなってしまうことになります。つまり、生理前のニキビの原因は、この黄体ホルモンにあると言えるでしょう。

ただし、卵胞ホルモンも黄体ホルモンも女性の体内時計に合わせて分泌されているので、ニキビが出来るからと言って黄体ホルモンの分泌を抑えることはできません。黄体ホルモンが分泌されないと、子宮や卵巣の機能が低下するので不妊症になるなど、様々なトラブルの原因となってしまいます。しかし、生理前になるといつもニキビが出来てしまうのは嫌なものですから、ニキビが出来ても短期間でさっと解消できる方法を知っておくと良いでしょう。

例えば、ニキビ治療薬は、ピンポイントでできたニキビをさっとお手入れできるので、生理前に持っているととても便利なアイテムです。テラコートリルはステロイド成分が入っているので強力な効き目が期待できます。普段のスキンケアは、ニキビケアと保湿ケアができるものを選ぶのがおすすめで、富士フィルムからラインナップされているルナメアACなどは、肌を刺激することなく保湿ケアとニキビケアができるスキンケアブランドなので、生理前のニキビで悩んでいる人にもおすすめです。できているニキビを刺激することなく、サッとニキビケアができるお手入れ方法をするのが、早期解決のコツと言えるでしょう。

ルナメアAC公式サイトはこちら

生理前のニキビの治し方

生理前になると、ニキビが出来てしまうという人は少なくありません。排卵日から生理までの期間は、女性ホルモンの中でも黄体ホルモンの分泌が活発になる時期で、この黄体ホルモンは体内に入ると男性ホルモンととても良く似た働きをするために、ニキビができやすくなってしまいます。ホルモンバランスが崩れるというわけではなく、女性の体内で自然に起こるメカニズムなので、このバランスを変えることはできません。しかし、だからと言って生理前のニキビを我慢するのは嫌ですよね。この時期にニキビが出来たら、いくつかの治療方法でスッキリ短期間に治してしまいましょう。

まず、ニキビが出来ないように普段のスキンケアは、ニキビケアおよび保湿ケアを同時に行うのがポイントです。肌の乾燥が気にならない人でも、生理前になればニキビができやすくなりますし、ましてや乾燥肌や敏感肌の場合には、生理前になると複数のニキビが出来て、対処に困ってしまう事にもなりかねません。ニキビケア用のスキンケアには、アクネ菌を殺菌したり抗菌してくれる成分が入っているので、できているニキビの炎症をサッと抑えたり、ニキビを作りにくい肌質を手に入れるサポートをしてくれますし、保湿ケア成分が入ったものなら、肌を内側からたっぷり保湿することによって、バリア機能を改善してニキビを作りにくい肌質へと導くことができます。

また、ニキビ対策の中でも簡単なのに大きな効果があるものがあります。それは、毎日の睡眠です。睡眠は最高の美容液とも言われているように、眠っている間に私たちの体内では新陳代謝が行われ、肌細胞もダメージが修復されたり、内側から新しい肌細胞が作られるので、すでにできているニキビは素早く小さく目立たなくなってくれます。睡眠時間は毎日できれば7時間ぐらいは確保するのが理想的で、その中でも肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時までは、できるだけ熟睡しているのが、ニキビ治療という側面ではベストです。ただし、仕事や趣味で夜更かしをしてしまうことが多い人などは、その生活を続けていると生理前にはひどいニキビになってしまう可能性が高いので、できるだけ夜更かしをやめて、早起きする習慣にきりかえてみてはいかがでしょうか?

ルナメアAC公式サイトはこちら

生理前のにきびの予防方法

生理前のニキビを予防するためには、ニキビが出来てからでは遅いので、普段からいろいろな対策が必要です。まず、普段のスキンケアは、ニキビが出来ないようにバリア機能を高める保湿ケアを重視すると良いでしょう。保湿成分にはヒアルロン酸やセラミドなどたくさんのものがありますが、その中でもセラミドは、細胞間の隙間を水分で満たしてくれる成分なので、バリア機能を改善したい人にはぜひおすすめです。また、富士フィルムが独自開発したナノ化保湿成分が入ったルナメアACは、肌の表面だけでなく内側まで確実に保湿成分を浸透することができるので、インナードライ肌対策にもおすすめです。

化粧水のつけ方にも工夫が必要です。化粧水は一度にたっぷりつけるのではなく、少量を何回か重ねづけしてあげる方法が効果的です。コットンでつけるよりも手のひらを使ってつけたほうが、手のひらの温度で毛穴を開き、保湿成分を浸透させることができるので良いでしょう。肌の乾燥が気になる人なら5回から6回の重ねづけがおすすめです。

普段からストレスや疲労をためない工夫も必要です。疲労やストレスが溜まると、体内では活性酸素が大量に生成され、それが皮脂分泌を活性化させてニキビを作ったり、肌を酸化させる原因となってしまいます。疲労やストレスを解消するためには、とにかくリラックスしたりゆったりすることが理想的ですし、睡眠時間を毎日きちんと確保するのも良いでしょう。趣味やスポーツなど、没頭できる好きなことがある人なら、毎日5分でも良いので、嫌なことも忘れて没頭できる時間を作ることも効果的です。

生理前のニキビは、ホルモンバランスによるものなので、完全に予防するのは難しいかもしれません。しかし、生活習慣やスキンケアを普段から工夫していれば、ニキビを作りにくい肌質になることができますから、ホルモンバランスにも負けない強い美肌へと近づけます。毎日のコツコツとした努力が、生理前のニキビ対策としては必要不可欠なのかもしれません。

ルナメアAC公式サイトはこちら

生理前のニキビ治療薬

普段はそれほどニキビが出来ない人でも、生理前になるとニキビができやすくなってしまうという人はたくさんいます。ニキビが出来ると、気になりますし、気分も憂鬱になってしまうものです。生理前のニキビ対策には、普段使っているスキンケアを見直したり、生活習慣を改善して生理前はできるだけストレスをためないようにゆったりと過ごすことを心がけたり、または薬を使ってニキビ治療をするという方法もおすすめです。

まずスキンケアですが、ニキビケアと保湿ケアが同時に行えるものを使うのが良いでしょう。ニキビケア用のものはアクネ菌の殺菌抗菌成分が入っているので、すでにできているニキビを早期に解消できますし、保湿ケア成分が入ったものなら、肌を保湿することでバリア機能を改善し、ニキビができにくい強い肌へと近づくことができます。ニキビケアと保湿ケアが同時にできるスキンケアブランドはたくさんありますが、その中でも低刺激で無添加タイプのルナメアACは、富士フィルムが独自開発した成分が使われているスキンケアラインです。ニキビができやすい人でも安心して使えるのでぜひお試しください。

たまにできるニキビや、生理前だけにできるニキビには、薬を使った治療も効果的です。薬を使うことによってピンポイントでニキビを撃退できますし、ニキビ跡を残すことなくサッと解消できれば、生理前のニキビも気にならなくなりそうですね。ニキビケアができる薬はいろいろありますが、化膿していたり炎症している肌荒れに効果的なテラコートリルや、クレアラシルなどは人気がある薬となっています。どちらもドラッグストアで購入できるので、ぜひお試しください。ただし、テラコートリルにはステロイドが入っているので、塗布した部分が漂白されるという副作用があります。また、長期間使っているとその部分がどす黒くなってしまうこともあるので、長期の使用はNGです。

その他、生理前のニキビ対策としては、ストレスや疲労をためないことや、睡眠時間をたっぷり確保することなどがあげられます。一つの方法だけで解決するのではなく、あらゆる方法を同時進行で行うのがコツです。

ルナメアAC公式サイトはこちら

生理前のニキビを防ぐ方法

生理前のニキビを防ぐためには、毎日の睡眠時間をしっかり確保することが必要です。眠っている間には新陳代謝が活発に行われて、その中には肌のターンオーバーも行われています。ニキビやシミのようにダメージを受けた細胞が修復されたり、新しい細胞が肌の内側から生成されるので、毎日しっかり眠っている人は肌トラブルを起こしにくくなりますし、すでに起こっているトラブルは早期解決が可能となります。グッスリ眠った翌朝には肌の調子が良いなと感じたことがある人は多いですが、これは肌の新陳代謝がタップリ行われた結果なのです。

睡眠時間を確保する際には、毎日7時間ぐらいはグッスリ眠りたいものです。肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時ぐらいまでは、できるだけ夜更かしをせずに熟睡していたいもの。仕事や趣味でついつい寝る時間が遅くなってしまう場合には、生活のリズムを少し変えて、夜更かしする代わりに早寝早起きを心がけて、早朝に趣味や仕事をするだけでも、ニキビには大きな効果が期待できます。

スキンケアを見直すことも大切です。生理前には黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、黄体ホルモンは女性ホルモンの1種でありながら、体内では男性ホルモンととても良く似た働きをするため、ニキビができやすくなってしまいます。このホルモン分泌を抑えることはできませんから、黄体ホルモンがたっぷり分泌されてもニキビが出来ないように、ニキビケア用のスキンケアをしてあげると良いでしょう。ニキビケア用の化粧品は、アクネ菌をすっきりと殺菌したり、抗菌作用もありますから、できているニキビはサッと解消し、これからできるニキビを予防する働きが期待できます。

保湿ケアも効果的です。生理前にニキビができやすい人の中には、肌が乾燥気味で生理前でなくてもニキビができやすいという人もたくさんいます。これは、肌のバリア機能が乾燥によって低下していることが原因なので、スキンケアでたっぷり保湿ケアをしてあげることによってバリア機能を強化し、ニキビを予防できます。

ルナメアAC公式サイトはこちら

生理前のニキビがひどい場合の治療方法

生理前になるとニキビがひどくなってしまう人は少なくありません。これは、女性のホルモンバランスと大きく関係していて、黄体ホルモンが原因となっています。女性の体内では女性ホルモンが分泌されていますが、月経から排卵日までの間には、卵胞ホルモンが積極的に分泌されます。このホルモンは美ホルモンとも呼ばれていて、美肌効果があったり、バストアップなどの作用を持つホルモンです。一方、排卵日を境に分泌が活発になる黄体ホルモンは、子宮や卵巣など、女性の生殖器を健康に維持する作用がありますが、それと同時に、気分が沈みやすくなったり、皮脂分泌が活発になることでニキビができやすくなるというデメリットも持っているのが特徴です。

黄体ホルモンは女性ホルモンの1種ですが、体内に入ると男性ホルモンとよく似た働きをしてしまうため、生理前にニキビがひどくなってしまうのはそのためだと言われています。黄体ホルモンの分泌が活発な人ほど、生理前のニキビがひどくなってしまうと言っても過言ではないのかもしれません。

このタイプのニキビを予防するためには、ホルモンバランスを整えるために睡眠時間をたっぷり確保することから始めましょう。睡眠時間は、夜10時から翌朝2時までの肌のゴールデンタイムは熟睡していられるように早寝早起きを心がけることも大切ですし、毎日できれば7時間ぐらいは睡眠時間を確保することも効果的です。眠っている間に私たちの体は新陳代謝が行われて、肌の細胞もダメージが修復されたりリセットされたり、内側から新しい肌細胞が生成されるなど、美肌効果が期待できます。たっぷり眠った翌朝に肌の調子が良いというのは新陳代謝による美肌効果ですし、できているニキビを小さくしたり、ニキビを作りにくい肌質へと導いてくれるなど、たくさんの効果が期待できます。排卵日から生理前にかけては最もニキビができやすくなる時期なので、この時期にはあまりストレスを溜め込まず、ゆったりとリラックスした気持ちで過ごすこともおすすめです。

ルナメアAC公式サイトはこちら
Copyright © 生理前のニキビ予防対策ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます